황금가면 (Golden Mask)

黄金仮面

Written by キム・ドンリュル

西方の空の端でキラッとする閃光に

悪い人全員がぶるぶる震えるんだ

善良な人を守って忽然と姿を消す

誰もが待っていた僕たちの黄金仮面

(みんなそこをよけろ)

(まばゆい黄金仮面がさあ行くぞ)

ゴム手袋のパンチに,プラスチックのバケツ

ほうきの剣を武装した幼き時代の悪童

打ち破りたかったこの世のあらゆる敵は

熾烈だった戦闘で一網打尽の勝利通知

あの頃,僕は意気揚々な黄金仮面だった

そうして時は流れ流れ去って

世間が言うその正解はあまりに難しいよ

どんなに力を尽くしても消えゆく

あの時代の僕の夢々は

どこへ行ったのだろうか,一体

正義は何なのだろう

勝利は何なのだろう

僕は弱くなっていくばかりだね

(やるせない黄金仮面)

(忘れられた黄金仮面)

(光を失った黄金仮面)

息詰まる仕事帰りに逆方向へ乗った電車で

適当に降りて道を歩きながら見上げた

西方の空の端からかすかに光る

星とも違う何かが刺すように僕を貫くとき

何だかうるっと

揺れる渦が息巻いて

ぎゅっと両こぶしを握りしめ駆けてゆく

世間が決めてくれた僕の役割は気に入らない

こんなふうにしょんぼり倒れゆく

しがない僕ではないだろう

胸を精一杯そらせるのさ

色褪せた古い仮面が眠っていた僕を起こすんだ

僕は黄金仮面なんだ

(目覚めた黄金仮面)

(駆ける黄金仮面)

(輝く黄金仮面)

(みんなよけろ)

世間が歌うその物語は僕が書くんだ

代々語り継がれる伝説を必ず僕は成し遂げてやるんだ

星に誓って,絶対

一瞬の稚拙さじゃない

こうやって生まれついたんだ

僕は黄金仮面


編曲:ファン・ソンジェ,キム・ドンリュル,チョン・スミン

Release:11 May 2023

error: Content is protected !!