오래된 노래 (Old Song)

古い歌

作詞/作曲/編曲:キム・ドンリュル

偶然見つけた古いテープの歌を聴いたよ

下手なピアノ,初々しい声

数多くの追憶に頬をゆるめて

いつか君に誕生日プレゼントで作ってあげた歌

野暮ったい伴奏に歌詞もなかったけど

君は子供のように嬉しがっていたね

真心が込もっていて

僕の気持ちがすべて伝わってくると

時に口ずさみながら

涙をこぼしたこともあったね

古くなったテープの中にあの頃の自分が

本当に羨ましくて,懐かしくて

泣いたり笑ったり

ただとめどなく

この歌を聴いてばかりいる

馬鹿みたいに

君を見送ってから,嘘のように時は流れて

君にしていたように人々の前で

歌を聴かせるようになったよ

本当に愛していたと

苦しかったと,恋しいと

僕らの過ぎし思い出に寄りかかって歌うたびに

君の気持ちはどうだったろうか

ラジオで,街路で聴いたとき

膨れあがった思いと飾られた言葉で

もしかして君を二度も泣かせたのだろうか

本当にごめん

こんなでもふたたび君に届くだろうか

弱さを抱えた心で

酷く吐き出した言葉に

どれほどつらかったことだろう

古くなったテープの中にあの頃の自分が

本当に羨ましくて,懐かしくて

泣いたり笑ったり

ただとめどなく

この歌を聴いてばかりいる

馬鹿みたいに


収録:キム・ドンリュル5集 “Monologue”

error: Content is protected !!