꽃 파는 처녀 (The Flower Girl)

花売りの乙女

作詞:Lucid Fall

作曲:キム・ドンリュル

編曲:キム・ドンリュル,イ・サンスン

風もなかった暖かい日

さほど慣れてもない道を歩いていると

白い花びらをぱっと開かせた

フリージアが置かれた小路

閉まっているドアをたたいたね。

きみは開いたドアの隙間から

僕を見つめて誰なのかと尋ねるね。

「あの,暗いところでもよく育つ花はありませんか」

僕を呼んだのはきみだったのかな

静かにほほえんでいたきみよ

誰もいなかったある休日に 

そっと通りかかったあの道

花屋に差しかかり目をそらせずに

あなたを探しても

時は流れ夏が来て

きみの目の輝きが残ったガラス窓に寄りかかり

僕はまったく馬鹿みたいに独り言で話すよ。

きみをまた訪ねたいという言葉

時季を過ぎた花はすでに去って

新しい春はまたやって来るけど

空っぽの植木鉢はどうしようか

溜まっている雨水

あまりに変わらないきみの顔

いつも通っていた横断歩道の向かい

きみと向き合ったまま

あたかもさり気なく話すよ。

また花を見たいという言葉


memo:原作でピリオドが付いている箇所に『。』を付けました。ご参考までに…。

収録:verandah PROJECT “Day off”

error: Content is protected !!